開運&SIMPLE LIFE

不要なものを排除して、身も心も健やかに

B’zのLIVEを心から楽しむ準備と心構え

B'zのLIVE-GYMを楽しむ方法

LIVE行くのに心構えや準備なんていらないでしょ

そう思うかもしれません。
でも後悔した経験がある私は、心から楽しめるように心構えや準備は絶対必要だと思っています!!

今までに10回以上B'zのLIVEに参加し続けていて、気を付けていることや準備していることなどを熱く書き綴ってみたいと思います♪初めて参加される方のお役に立てれば幸いです^^

どのLIVEでも共通すること

B'zに限らず、どのアーティストのLIVEでも共通する心構えや準備はこの3つ!!

1.トイレはお早めに

会場のトイレはとても混み合います
トイレのせいでオープニングに間に合わないお客さんも毎回たくさんいらっしゃいます。

生理現象なので我慢は絶対ダメですけど、なるべく駅や会場付近の施設などで済ませておくことをオススメします。それか早めに会場入りして時間の余裕を作りましょう。

あと、トイレに行きたくないからと水分補給をしない、ということはしないでください。特に夏場。熱中症(脱水)になって倒れている方を見たことがありましたから…。

噂によると、水・お茶よりスポーツドリンクの方が尿意を感じにくいみたいなので、いつもダカラなどを持っていきます。
(注:野外スタジアムなど、芝生がある会場では持ち込めません)

2.空腹に注意する

私はお腹が空くと気持ち悪くなります
一度それで大事なLIVEを心から楽しめなくなった時がありました…泣

なのでそれ以来続けていることは、LIVEの直前におにぎりを食べること!!お腹いっぱい過ぎても気持ち悪くなるから1〜2個食べるようにしています。

あともう1つ、LIVEを終えてから家に帰るまでorご飯屋さんに行くまでにお腹空いて気持ち悪くなったこともあったので、パンやクッキーなど、しばらくの間しのげる物も持っていきます♪

3.暑さ・寒さに気を付ける

真夏のライブは、結構しんどいです。
水分をちゃんと摂って熱中症にならないように十分気を付けてください!!

冬は冬で寒いのでたくさん着込みますよね。
ライブ中は暑くなっちゃうのですぐ脱ぎ着できるような、調節できる服装で行った方が絶対にいいです!!汗が冷えて風邪ひかないように気を付けましょうね*

B'zならではの準備や注意点

B'zのLIVE-GYMを楽しむ方法

激しい曲が多めのB'zのLIVE。
せっかくなのでいい思い出にしたいですよね!

ちなみにB'zのLIVEはLIVE-GYMライブジム)といいます^^
詳しくはこちらの記事をご覧になってください♡

B'zのファンクラブ「B'z Party」の魅力的な豪華特典とは

体力をつけておく

体調が優れないなどの理由で座って聴いてももちろんいいのですが、ほとんどの方がノリノリで歌いながら(叫びながら?笑)立っています。バラードならともかく、そんな中で座っていたら見にくいし居心地悪いですよね…。

LIVEが始まるまでの道のりや、帰りの人混みにもまれることも考えたら、体力をつけておいた方が絶対いいです。特に真夏の野外は夕方からとはいえ結構キツいので、乗り切る準備をしておきましょう!

熱中症予防は梅雨入り前に!!スロージョギングで汗をかく準備をしよう

タオルを持っていきましょう

たまにタオルをグルグル回す曲を歌うことがあります。
シングル曲でいうと「ギリギリチョップ」なのですが、アルバムの曲の場合もありました。

会場ではその時々のツアーグッズでタオルを販売していますが、そこそこいいお値段します。汗もかくし、「そこまでファンじゃないし…」という方はお家にある大き目のタオル(フェイスタオル)などを持っていった方がいいと思います^^

服装に気を付ける

しっとり聴く系のアーティストならどんな格好でもいいですが、激しいB'zのLIVEは注意が必要です!!

私の場合の失敗談は…

ピアスが飛んでいった

振り上げた自分の腕がピアスが当たり、吹っ飛びました。しかも壊れました…泣

迷惑になるので、つけるなら小ぶりか邪魔にならないもの、そして外れにくいものにしましょう。

靴が脱げて行方不明に…

エアロスミスとのコラボLIVEで、始まって早々に人混みにもまれ、あっという間に靴がなくなりました。幸いにも終了後に発見できましたが、LIVE中ずっと片足は裸足でした…泣

もみくちゃになる系のLIVEの時はスニーカーを履きましょう。

暑くて気持ち悪くなった

真冬のLIVEだったので、ズボンの中にさらにタイツを穿いて、ヒートテックを重ね着して参加したら、途中で暑すぎて気持ち悪くなりました…泣

先ほども書きましたが、脱ぎ着が楽な恰好が好ましいです。

喉の調子を整えておく

稲葉さんが「いえ〜い!」と言うと、お客さんも「いえ〜い!」と言う、コール&レスポンスというかけ合いが必ずあります。
しかもかなり長くて続く時があります。笑

絶対言わなくちゃいけないこともないのですが、日頃のうっぷんを晴らすいい機会です!!思いっきり叫ぶために、喉の調子を整えておきましょう♪


B'z - juice(LIVE-GYM Pleasure 2008 GLORY DAYS)

3:15のところから始まります^^
4:20からのロングブレス&浮き出る喉の血管も必見です!!

爆音に注意!!

B'zのLIVEは生演奏です。
シットリ聴く系よりかなり激しい系が多いです。

ドラムやベースの重低音が腹筋にきます
ギターや稲葉さんの高音で、LIVEが終ったあとはしばらく耳がボワーンとします。

普通の生活をされている方ならしばらくしたら耳の違和感もなくなりますが、2~3日調子が悪くなる方もいるみたいです。

ただ私の場合は耳(三半規管)が弱く、メニエール持ち&ストレートネックでよくめまいが起きますが、爆音のせいでそれらの症状が出たことはありませんでしたよ*

フワフワした浮遊性のめまいを自力で治した話

雨に注意!!

ここ最近は大丈夫なのですが、B’zのLIVEは雨の確率が高いです。しかも土砂降り…。

稲葉さんは自他共に認める雨男さん
雨も込みで楽しみましょう&念のために着替えを持っていきましょう♫

振り付けを覚えておく

サビの部分だけですが、何曲か振り付けがある曲があります。
(もちろん無理に踊らなくてもOK*)

稲葉さんも一緒に踊ってくれるし、周りの方に合わせることもできますが、簡単なので覚えておいた方がより楽しめますよ♫


Wonderful Opportunity

3:58と4:25の部分で稲葉さんが踊っています^^


B'z - Wonderful Opportunity(LIVE-GYM 2008 ACTION)

恋心

いろんなLIVEをMIXしてる動画です♡


B'z 恋心 (KOI-GOKORO) MV

NATIVE DANCE

こちらはサビじゃなくて間奏の振り付けです。


B'z NATIVE DANCE

その他、「スイマーよ!」は間奏でクロールを、「さまよえる蒼い弾丸」「Easy Come,Easy Go」ではバイバイをする振り付け(?)があります。

最後の「おつかれ〜!」とテーマソング

B'zのLIVE-GYMを楽しむ方法

アンコールが終わり、ラストの曲を歌い終えたらメンバーがステージの中央に集まります。

そして稲葉さんが最後のメッセージを伝えた後、「せーのッ!」と言いますので、続いて片腕を上げながら「おつかれ〜!!」と叫んでください♫

その後、「ひとりじゃないから」という、LIVE限定のテーマ曲が流れてきます。B’zのお二人が合図してくれるかと思いますが、みんなで会場の地名を叫ぶ部分がありますので、元気に叫んでから気を付けてお帰りくださいませ♡


B z ひとりじゃないから LIVE GYM2010“Ain t No Magic”

おすすめポイント3つ

① LIVEが始まり2~3曲歌った後、稲葉さんが「B'zのLIVE-GYMにようこそ!!」と叫びます。その時、いろんなシチュエーションで会場を盛り上げてくれるので、期待して待っていてください♪

② 無口なイメージがある稲葉さんですが、MCではお茶目なことをしたり言ったりしてくれます♡もちろん心に響く感動的なメッセージも。

生演奏ならではのアレンジもあります。すっごくカッコいいです!

おすすめのLIVE映像

全てのLIVEが最高に素敵でおすすめなのですが、ファンじゃない方でも満足いただける作品を3つ紹介しちゃいます♪

まずは台風15号が来ている中行われた15周年記念のLIVE!!
最終日&結成された日にドンピシャでやってくるという伝説のLIVEです!!


2つ目は20周年のLIVE。
中盤にB'zのふたりだけでビートルズやデビュー曲を歌ったり、過去の映像で笑ったり、熱いメッセージに涙したり、とにかく濃いLIVEでした!!

3つ目はいろんなLIVEを混ぜこぜにして1つのLIVEにしちゃった逸品です*

どれもシングル曲が多めなので、何度も「あ、この曲知ってる!」となるかと思われます^^

おわりに

LIVEに参加されている方の年齢層なのですが、小学生もいれば白髪の先輩方もいらっしゃいます!!みんなノリノリです!!

ご年配の方が楽しそうにしている様子を見て、いつまでも元気でいなきゃ!!と刺激を受けまくっているりえっこなのでした*



最後まで見てくださってありがとうございます。
更新の励みになりますのでクリックしてもらえるととても嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ