開運&SIMPLE LIFE

不要なものを排除して、身も心も健やかに

【サーモス vs 象印】ステンレスボトル徹底比較

THERMOS(サーモス) vs象印・ステンレスボトル徹底比較

最近、主人が使っている ステンレスボトル(水筒) の買い替えをしました。せっかくの機会なので、 THERMOS 象印 の比較をしてみようと思います♫

デザイン

<理想の条件>
・開閉のボタンが本体からボコっと出ないもの
・ロックがかかるもの
・ワンタッチで開閉できるもの

両手を使いたくないんですね。
私は蓋つきのものでも十分なんですけどね^^;

象印

THERMOS(サーモス) vs象印・ステンレスボトル徹底比較

お見苦しい画像で申し訳ありません…。
カリカリしてシルバーの水筒にしようと試みましたが…。途中で断念しました…。

全く凹凸がない訳ではないのですが、マットなブラックで、シンプルだったのでとても気に入っていたみたいです◎

THERMOS(サーモス)

THERMOS(サーモス) vs象印・ステンレスボトル徹底比較

こちらは、開閉のボタンが横ではなく、キャップの頭部にある為、横はスッキリしています☆

お手入れのしやすさ

なるべく外せる所は外して、洗いたい&漂白したいです。パッキン部分って不衛生になりがちですからね。

象印

THERMOS(サーモス) vs象印・ステンレスボトル徹底比較

週に2回ほど、酸素系漂白剤で漂白していました。

THERMOS(サーモス)

THERMOS(サーモス) vs象印・ステンレスボトル徹底比較

象印同様、4つのパーツに分解できるので衛生的です♫ただ、サーモスの方が、パーツが複雑な形をしているので、ちょっと洗いにくい&乾きにくいです…。

開閉ボタン

両方ともワンタッチで開閉できますが、場所が違います。

象印

THERMOS(サーモス) vs象印・ステンレスボトル徹底比較

サイドにあります(ハゲている部分)。
開閉ボタンのすぐ隣にロックボタンもあります。

親指でポチッとできます。
全然力はいりません。

THERMOS(サーモス)

THERMOS(サーモス) vs象印・ステンレスボトル徹底比較

蓋の頭部分にあります。
ロックボタンは見当たりません。

象印と違い、開閉ボタンは結構強く押さないと開かないので、ちょっと使いにくいです。

重さ

毎日書類やらで重たくなった鞄で出勤しているので、なるべく軽いものがいいですよね☆

象印

THERMOS(サーモス) vs象印・ステンレスボトル徹底比較

めちゃくちゃ重たい訳でも、軽い訳でもない、標準的な重さだと思います。

THERMOS(サーモス)

THERMOS(サーモス) vs象印・ステンレスボトル徹底比較

持った瞬間、「えっ!?軽っ!!」ってなりました。
たった約60gの違いですけどね…。
でも、この大きさで60gの違いっておっきいと思います☆

総合的にみて

THERMOSの方が軽くていいのですが、総合的に見ると、象印の方が私も主人も取り扱いしやすいという結論になりました。なので、次買い替えるなら、また象印になるかと思われます*

使っていたものが廃盤になったらしく、全く同じものではありませんが、とても似ています^^

THERMOSにもだいぶ慣れてきました◎

追記

結局THERMOSも数か月後に剥がれてきました…。

www.kaiunsimplelife.com

そこで「塗料はがし剤」といものできれいにしてみましたよ♪

THERMOS(サーモス) vs象印・ステンレスボトル徹底比較

おわりに

エコ&節約の為に水筒を持っていってくれてとても助かっています。あまりキンキンに冷えたものを飲むと身体に悪いので、コッソリ少な目に氷を入れているりえっこなのでした*



最後まで見てくださってありがとうございます。
更新の励みになりますのでクリックしてもらえるととても嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ