読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開運&SIMPLE LIFE

不要なものを排除して、身も心も健やかに

父から最後のメッセージ

30年も経ちました


f:id:riecoro:20161218150446j:plain


30年前の今日、父が亡くなりました。


私が5歳の時でした。


死因は大腸ガン。
分かった時には時すでに遅し状態でした。


失礼な話なのですが…。
私、父のことをほぼ覚えていません(´-ω-`)
写真では楽しそうにしていますが…。
ただ、お見舞いに行った記憶だけはうっすらと残っています。


どんな声だったか、覚えていません。
どこに行ったかとか、何も覚えていません。


30年前の今日、病院から帰ってきた母が、


「お父さん、死んじゃった。」


って、涙を堪えながら、必死に笑顔を作っていたことだけ、鮮明に覚えています。


真っ白な服を着て、真っ白なお布団セットで永遠の眠りについた父の姿も覚えています。生きてる父のことを全く覚えていない自分に腹が立ちます…。


年末の忙しい時期にも関わらず、たくさんの方が父の最期を見送ってくださいました。

父からのメッセージ


f:id:riecoro:20161218150508j:plain


確かお通夜の時でした。


棚の中から


ピピピピピ…


っていう電子音が鳴ったんです。


みんなで探したら、棚の奥の方から、旅行などで使う携帯式の目覚まし時計が鳴っていたんです。


父が使っていたものだったそうです。
でも、ここ数年使っていませんでした。


母が言いました。


「お父さん、『これから子供たちよろしくね』って言ってるみたいやね。」


でも私には


「先に逝ってしまってごめん…。今までありがとう。」


と言っているように聞こえました。

お父さんへ


f:id:riecoro:20161218150529j:plain


毎年、父の命日になると、この目覚まし時計のことを思い出します。


天国も寒いのかな?
風邪ひかないようにしてね、お父さん☆


最後まで見てくださってありがとうございます。
更新の励みになりますのでクリックしてもらえるととても嬉しいです♪