開運&SIMPLE LIFE

不要なものを排除して、身も心も健やかに

【日本のしきたりで開運LIFE】お月見は十五夜だけじゃないってご存知ですか?

お月見をする十五夜・十三夜・十日夜について


明日はお月見ですね*
十五夜は知っていても、十三夜・十日夜もあるってご存知でしたか?私は昨日知りました^^;


十五夜だけじゃなく、十三夜・十日夜もお月見すれば縁起がいいみたいなのでちょっとだけ説明させてください*

十五夜・十三夜・十日夜について


「お月見」=「十五夜」だと思う方が多いと思いますが、これを機に十三夜・十日夜もお月見をしてみてはいかがでしょうか*


あと、お月見の日は必ず満月という訳ではないんですよ^^

十五夜とは

お月見をする十五夜・十三夜・十日夜について


旧暦の8月15日の夜を「十五夜」と呼びます。
一年の中で1番美しい月を見れることができる日とされています。


2017年の十五夜は10月4日(水)です。


平安時代の貴族は、直接お月様を眺めるのではなく、池などに映ったお月様を眺めていたそうですよ^^


お供えするお団子の丸い形は、お月様を見立てたもでもありますが、物事が丸く結実すること健康・幸福を表したものなんだそうです*

十三夜とは

お月見をする十五夜・十三夜・十日夜について


旧暦の9月13日の夜を「十三夜」と呼びます。
後の月」とも呼ばれ、十五夜が曇って見えないことが多いのに対して、「十三夜に曇りなし」と言われるくらい晴れる日が多いそうです。


2017年の十三夜は11月1日(水)です。


樋口一葉が書いた「十三夜」という作品の中で、「十五夜にお月見をして、十三夜にお月見をしないことを片月見といって縁起が悪い」と書かれているそうです。


ちなみに十五夜は中国から来た風習ですが、十三夜は日本だけです。

十日夜とは


旧暦の十月の亥の日の夜を「十日夜」と呼びます。


2017年の十日夜は11月27日(月)です。


十五夜・十三夜・十日夜で「三月見」といい、全ての日が晴れてお月様がきれいに見られたら、その一年はいいことがあると言われています。


この日はお月見をするだけの日ではありません
田の神様が山へ帰る日なので、収穫祭が執り行われる日なのです。

お供え物について


それぞれお供えするものがそれぞれ違うようです。


そして月見団子って地域によって違うんですよね。
関西はこんな里芋に見立てた、外側をあんこで巻いたタイプの団子を食べるんです。


でも一般的にはなこさんが作ったような、お月様に見立てたまんまるタイプの方が多いのかもしれませんね。

www.naconeco-kurashi.com

十五夜


お団子(十五個説や十二個説など様々)
すすき(5本)
里芋・枝豆・などの野菜
ぶどう・栗などの果物
秋の七草


秋の七草」はハギ,オバナ(ススキ),クズ,ナデシコ,オミナエシ,フジバカマ,アサガオの7種で、「春の七草」と違って食べません


十五夜にお供えしたものをみんなで食べると絆が強くなる」という言い伝えがあるんだとか^^


あと、十五夜はちょうど芋の収穫時期なので、芋をお供えすることが多いことから「芋名月」とも言われているそうです*

十三夜

お月見をする十五夜・十三夜・十日夜について


お団子(十二個、うるう年は十三個)
豆や栗


十三夜は「栗名月」や「豆名月」と言われています。

十日夜


お月様ではなく、田んぼを守ってくれたかかしにお供えをして、お月見をさせてあげる「かかしあげ」をするという風習があります。


新米と、その年に収穫された大豆・小豆・ささげ・ごま・栗・柿・糖(あめ)の七種類の粉を混ぜ合わせ、の形に作られた「亥の子餅(いのこもち)」というものを田の神様に供えて、家族の無病息災子孫繁栄を願うそうです。



今回の記事はこちらの本を参考に書かせてもらいました♪

おわりに


いかがだったでしょうか。
知ってしまった以上、三月見をしたくなっちゃいました♩


…といっても亥の子餅は作らないですけどね^^;


今年は関西風の月見団子を作ろうかなぁと思っているりえっこなのでした*



最後まで見てくださってありがとうございます。
更新の励みになりますのでクリックしてもらえるととても嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ