開運&SIMPLE LIFE

不要なものを排除して、身も心も健やかに

お墓や仏壇などにお供えしていいお花・悪いお花

お墓や仏壇などにお供えしていいお花・悪いお花


お墓やお仏壇・神棚にお花を供える時、「これはいいのかな?」って思ったことありませんか?基本的に何をお供えしても大丈夫なのですが、できれば避けた方がいいお花がいくつかあるのです。

お供えしない方がいいお花とは


お供えしてはいけないお花というものはないそうです。


ただ、お供えしない方がいいお花がいくつかあります。種類と理由を書いていきますね^^

バラ(薔薇)

お墓や仏壇などにお供えしていいお花・悪いお花

【理由】トゲがあるから


ご先祖様や仏様を傷付けてはいけないという思いから、バラなどのトゲがある花は避けた方がいいとされています。


もし故人がバラが大好きで、どうしてもお供えしたいというなら、トゲを切り取ってお供えしましょうね。

すいせん(水仙)

お墓や仏壇などにお供えしていいお花・悪いお花

【理由】毒があるから


すいせんのお花には「リコリン」と「酸カルシウム」というがあります。球根が最も多いのですが、ニラと間違って葉を食べてしまい、食中毒を起こす方が毎年多数発生しています。


という訳で、毒のあるお花をあげてはいけないからです。


他に毒のある花は、彼岸花スズランレンゲツツジなどがあります。

つばき(椿)

お墓や仏壇などにお供えしていいお花・悪いお花


【理由】縁起が悪いから


椿は枯れる時に花ごとボテッと落ちるのですが、それが首を切られて落ちるように見える(連想する)ので避けられているのです。

簡単なお彼岸の覚え方


お彼岸は春と秋の2回あります。


春のお彼岸春分の日を中日とした前後3日の一週間秋のお彼岸秋分の日を中日とした前後3日の一週間になります。


なので2018年でいうと


・春分の日 3月21日
・秋分の日 9月23日


なので


・春のお彼岸 3月18日~24日
・秋のお彼岸 9月20日~26日


になります。
「いつからいつまでかな?」と調べなくても、春分の日と秋分の日を知っていればすぐ分かりますね^^

1年が経ちました


母が亡くなって1年が経ちました。
あっという間でした。
この世にいないことは分かっているけれど、まだどこかで生きているような気がします。


ずっとこのままでいいのでしょうか。
亡くなった事実をちゃんと受け入れることは、これから先あるのでしょうか。考えても答えが出てこないような気がするので、このまま時の流れに身を任せることにします^^
親が亡くなったのに哀しくない5つの理由

お墓や仏壇などにお供えしていいお花・悪いお花

母が好きだったお菓子や果物、そしてお花をお供えしました。主人はいちご大福を買ってきてくれました。父と仲良く食べてくれたかな♡

開運のコーナー


お供えには向いていないけど、赤いバラには仕事運UPスズランには女性らしさを高める効果があるとされています*


ドライフラワーは死んだもの(悪い気を放出するもの)とされ、造花はプラスチックでできている(金運を燃やす)ので、風水的にはオススメできないようです^^;

おわりに


お花っていいですね。
貰っても買っても幸せな気分になります。


ただセンスがないので、もっと生け方や選び方を学びたいなぁと思っているりえっこなのでした*



最後まで見てくださってありがとうございます。
更新の励みになりますのでクリックしてもらえるととても嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ