開運&SIMPLE LIFE

不要なものを排除して、身も心も健やかに

自分で耳掃除したら危険?気になるなら耳鼻科に行こう

自分で耳掃除すると危険?


耳掃除ってどれくらいのペースでしますか?
気持ちいいからと毎日グリグリ掃除していると、危ないかもしれませんよ…。


医者でもなんでもない、ただの主婦が調べたことなのですが、よろしければお付き合いください*

耳垢(じこう)は悪いものじゃない


耳垢は別名「耳クソ」とも呼ばれ、「汚いもの」と思われていますけど、悪者扱いするのはちょっと待ったなのです。

そもそも耳垢とは

自分で耳掃除すると危険?


耳の入り口から鼓膜までの距離は、大人で約3cmなんだそうです。この3cmの間を「外耳(がいじ)」といいます。


入り口から3分の1の所に、耳垢の元となるを分泌する耳垢腺(じこうせん)があり、油の量によってカサカサだったりベタベタだったり個人差が出てきます。その油が埃などと合わさって耳垢(耳クソ)となります。


耳垢の大きな役割は主に3つ

・ゴミや虫を侵入させない
・雑菌の繁殖を抑える
・皮膚の保護


ちゃんと意味があって、私たちを守ってくれているのです。それを「クソ扱い」して…。今までごめんなさい…。

勝手に排出される

自分で耳掃除すると危険?


生き物の身体は、必要なものは取り入れ、不要なものを排出させる素晴らしい機能が備わっています。


なのでわざわざ掃除をしなくても、耳垢は勝手に体外へ排出される仕組みになっているのです。

どうしても耳掃除したい時は


耳掃除、気持ちいいですよね♪
それは快感を生じさせる「迷走神経」が耳の穴に走っているためで、耳かきや綿棒で触れば触るほど、気持ち良くなるからだそうです。

綿棒1cm


どうしても耳掃除をしたい時は、入り口から1cmまでならいいそうです。
それ以上奥に突っ込んでしまうと、鼓膜を傷付ける危険が出てきます。


綿棒のモコッとした部分と、耳かきのくびれ部分まで約1cmでした。


自分で耳掃除すると危険?


耳かきは、耳の中の薄い皮膚をガリガリと傷付けてしまうのでやめた方がいいとのことです。あと、「ごっそり取れる!!」みたいな複雑な形状の耳かき不衛生になりがちなので、これも使わない方がいいそうです。

月に1回


私はお風呂上がりに毎晩耳掃除をしていました。
でもこれはやり過ぎなんだそうです。


先ほども書きましたが、勝手に排出されるし、掃除のし過ぎは皮膚を傷付けてしまうので、月に1回で十分なんだそうです。


でも毎日していた人がいきなり月1は辛いと思うので、2日に1回、1週間に1回と徐々に回数を減らしていけばいいかもしれませんね^^

膝枕はダメ!耳垢が鼓膜にくっついた話

自分で耳掃除すると危険?


耳掃除をしてくれとよく頼まれます。
毎日のように耳掃除しているので大体きれいなのですが、珍しく大物がいました。耳かきを使って取ろうと思ったら、消えました。


私「あれ?どっかいった」
主「え〜、ちゃんと見てよ〜」
私「頭振ってみて」
主「(ブンブン)カサカサっていう」
私「もう一回見せて」
主「はい」
私「あ〜、奥にあるから無理っぽい」
主「おバカ!!」


結局ずっとカサカサいうので耳鼻科に行ってみると、鼓膜に耳垢がくっ付いていたそうです!!ごめんよ~。


もし誰かの耳掃除をするなら、膝枕じゃなく座った状態でするようにしましょうね。

掃除するなら耳鼻科へ

自分で耳掃除すると危険?


素人が耳掃除をするとどこまで入れていいのか分からないから危険なんです。「まだいける!」と奥まで入れ過ぎて鼓膜を傷つけることも…。


あと耳垢を奥へ詰め込んでしまい、外耳炎になったり水が溜まったり、最悪の場合は難聴になることもあるんだとか…。


1番確実1番安全な耳掃除法は、耳鼻科で先生に取ってもらうことです。

おわりに


そういえば、鼻毛の脱毛が流行っていますよね。


体毛にはちゃんと意味があるので、むやみやたらと脱毛なんてしない方がいいんですけどね…。


とか言いつつ、脇の永久脱毛している支離滅裂なりえっこなのでした*



最後まで見てくださってありがとうございます。
更新の励みになりますのでクリックしてもらえるととても嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ