開運&SIMPLE LIFE

不要なものを排除して、身も心も健やかに

【日本のしきたりで開運LIFE】なぜ鬼にぶつける豆は大豆なのか知っていますか?

f:id:riecoro:20170119205902p:plain


節分といえば豆まき恵方巻ですよね♫


なぜ豆まきの豆は大豆なのか?
そもそも豆なんかで鬼を退治できるのか


今回は、そんな豆まきについてチョロっと書いていこうと思います♫

豆まき


f:id:riecoro:20170119210002p:plain


豆まきにもいくつかのルールというか、やり方があります◎

豆をまく人、唱えるセリフ


豆まきに使う大豆は、必ず炒り豆を使い、一升枡に入れて神棚に供えます。そして、家主か年男が「福は内、鬼は外」と唱えながらまきます。私、ずっと「鬼は外、福は内」とで言ってました!!しかもおっきい声で!!

鬼って?


ここでいう「」は、目に見えない邪気・病気・災害のことをさします。


これらの邪気を家から追い払うことによって、福を呼び込み、新しい一年がより一層よくなることができるのです♪

豆をまく順番


家の奥の部屋から順番にまきます。
最後に「鬼は外!!」と玄関にまいて、邪気を追い払います◎


我が家はと言うと…。
リビングの窓際に立ち、
「鬼は外!」と外へまいて
「福は内!」と家の中へまいていました…。

大豆で鬼は退治できるのか?


f:id:riecoro:20170119205924p:plain


よく考えたら、あんなちっちゃい豆で鬼倒せるの?って思いますよね…。


昔、京都の鞍馬に鬼が出た時、毘沙門天のお告げによって鬼の目に向かって大豆を投げつけたところ、鬼を退治できた!!という話が残っているそうです^^


なのでもし、小さいお子様に「なんで?」って聞かれたら、自信を持って「倒せる!!」と言ってあげてください◎


」は「魔滅(まめ)」に通じており、災厄を払う力があるとされています。「」に「」が効くのと同じことなんですねぇ。


大豆を使うのは、大豆は五穀の一つであり、古くから生命が宿るとされ、お米に次いで祭事神事で使われてきたからなのです◎


炒り豆を使う理由は
炒る」=「射る(いる)」に通じて、魔を追い払う力がより高まるからなんだそうですよ☆

豆まきした後は…


f:id:riecoro:20170119205942p:plain


豆まきした後、お豆を食べたりしますよね♪
何個食べるかご存知ですか?

豆は何個食べるの?


豆を食べる数は、歳の数か、歳の数プラス1個を食べると、一年間無病息災で過ごすことができるとされています。どちらでもいいそうですよ◎

食べる数が多い時は?


私は35歳。
35個もパッサパサの大豆食べたら、確実にむせてしまいます…。


そんな時は「福茶」を飲むといいですよ◎
「福茶」とは、湯のみに大豆を3個・梅干しを1個・塩昆布を適量入れて、暑いお湯を注いだものになります。


これで歳の数だけ豆を食べたのと同じことになるので、ご年配の方にオススメしてみて下さいね♪

豆占(まめうらない)って?


地域によって「豆占」をする風習もあるそうです☆
囲炉裏に大豆を12粒(うるう年は13粒)並べて、焦げ具合でその年の吉凶や天候・作柄を占う、というものです。


群馬県水上町では

・豆に火か付いて赤くなる→「日照り
・黒く焦げる→「
・煙だけが出て焦げない→「

という風に占うそうですよ(*´з`)


今回の記事を書く時に参考にした本です♡

おまけ


タカちゃん(2番目の兄)がやっとご飯を食べられるようになりました!!ずっと空腹状態が続いていたので、病院食も美味しく感じたそうです◎


水しか飲めなくて、それすらも辛そうで…。
やっとの思いで美味しそうにイチゴを食べている姿、一生忘れません。


ちなみに、今回の副鼻腔炎&鼻中隔湾曲症の手術は、手術の中でも「辛いレベル」がかなり高いそうですよ(゚Д゚)キヲツケテー


市販薬副鼻腔炎悪化させるみたいですね…。

www.kaiunsimplelife.com

おわりに


今回は「豆まき編」でした(´▽`)
明日は「恵方巻」についての記事を書いています♪


知ってるようで知らないことがたくさんの日本のしきたり☆もし節分の日に豆まきしたり恵方巻を食べるなら、少しだけですけど参考になれれば嬉しいな♪と思うりえっこなのでした☆


最後まで見てくださってありがとうございます。
更新の励みになりますのでクリックしてもらえるととても嬉しいです♪

いつも参考にさせてもらっています☆

にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ
シンプルで豊かな暮らし
にほんブログ村テーマ 楽しく&幸せに暮らそ!へ
楽しく&幸せに暮らそ!
にほんブログ村テーマ シンプルライフへ
シンプルライフ