読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開運&SIMPLE LIFE

不要なものを排除して、身も心も健やかに

孤独死についての番組を観て思ったこと

f:id:riecoro:20161005221813j:plain


世の中には、


・知っておかなければならないこと

・知っておいた方がいいこと

・知らなくてもいいこと


があると思うんです。


こないだの日曜日に、ザ・ノンフィクションとい番組で「孤独の後始末 請け負います」という孤独死についてのことを特集されていました。


この問題は、「知っておかなければいけないこと」のジャンルに入ると思いました。


今回はいつになく真剣モードで書いていこうと思います。


ダークな内容が含まれる為、若干「う……」となる可能性がありますが、かわいい猫ちゃんの画像を取り入れながら書いていきますので、できれば目を背けず、見ていただけたらなと思います☆

特殊清掃


f:id:riecoro:20161005220015j:plain


作業ができるまでの状態にする為に、特殊な消毒剤を使い、目に見えない細菌やウイルスを除去。そしてまず、遺品整理をしてから、亡くなった場所の処理をされます。


遺体の発見が遅れると、その分体液が部屋のスキマからあらゆる所に流れていき、死後の臭いがいつまでも漂い続けていく原因となってしまいます…。

CASE.1  47歳 独身男性


f:id:riecoro:20161005220044j:plain


連絡が取れず、心配した兄が発見した時には、死後1ヶ月が経っていました。定職についておらず、お金を握り締め、玄関を向いて亡くなられていたそうです。


体中から流れ出した体液と血液は、畳と床板を突き破り、アパートの骨組みにまで染み込んでいました。その為、畳は新調し、体液が染み付いた骨組みはカンナで削り、特殊なシリコン剤を使ってコーティングされていました。


清掃に3日間かかり、費用は50万円。
費用を支払ったのは残された遺族でした。

CASE.2  60代 男性


f:id:riecoro:20161005220117j:plain


悪臭が酷く、隣人からの通報で発見。
死後2週間。玄関に頭を向けて亡くなられてました。

鉄筋工の職を失い、食料はほとんどなく、まともに食事が取れない生活を送っていた様子。


体液は床板まで染み込んでいました。


本来、遺品整理をしてから処理をする流れなのですが、大家さんと遺族(子供)とでモメており、作業が進まず。


結局、財産放棄の通知が届き、清掃代40万円は大家さんが支払いました。遺族は手を合わせることも、お線香をあげにくることも、遺品を取りにくることもなかったそうです…。


こうゆうパターン、結構多いんだそうです…。
悲しいですね…。

CASE.3  50代 男性


f:id:riecoro:20161005220141j:plain


足の踏み場もなく、積み上げられたゴミは天井に届く程の現場でした。


大手電機メーカーで働いていたその方は、うつ病を患い、心臓にも疾患がありました。


死後1週間。トイレでうつ伏せの状態で亡くなっていました。体液が下の階にまでおよび、天井からウジが降ってくると住人からの苦情で発見されたそうです。


下の階の住人が引っ越してしまわないよう、大家さんは孤独死があったことを伝えなかったそうです…。迷惑をかけたということで、空いている部屋に移動してもらったそうです…。

CASE.4  37歳 独身女性


f:id:riecoro:20161005220159j:plain


お風呂場のドアノブに紐をかけて自殺をされていました。


女性の自殺現場で多いことは、化粧品が少なかったり、掃除がされていないなどの「外に出なくなったような感じ・人を招かなくなったような感じがある」なんだそうです。


何百件と特殊清掃の仕事をしていても、自殺の現場を処理することは慣れないそうです。辛いそうです。

CASE.5  48歳 男性


f:id:riecoro:20161005220215j:plain


死後2週間。ベッドの上で亡くなられていたそうです。アルコール依存症の診断表が出てきました。


高校卒業後、警察官として働き、結婚をし、子供も生まれ、幸せに暮らしていました。ある日、年下の上司との喧嘩で警察官を辞職。その後、運送業に転職したがすぐにリストラ。お酒に溺れ、家庭は崩壊。家族との関わりも一切断ち、誰にも看取られず亡くなられました…。


遺族(母と弟)は、この男性の死について、「やっぱりな」「自己管理が全然できていなかったから」と言っていました。

CASE.6  66歳 男性


f:id:riecoro:20161005220232j:plain


突然、父親と連絡が取れなくなった娘たちが、窓ガラスを破り、中に入ってみたら、死後1週間経ったご遺体を発見されたそうです。


この方は、ご飯を食べてそのまま後ろに倒れ、眠っているかのような状態で亡くなられていたそうです。


普通、孤独死で亡くなられる方は苦しむので、玄関を向いて亡くなっていることが多いそうです。この方は違いました。


妻とは離婚。3人の娘は結婚し、男性は独り暮らしをしていました。それでも週に一度は娘と連絡を取り合っていたそうです。


部屋には、家族との写真と、思い出の品がたくさんありました。現場にいた娘さんたちは、父の死を悲しんでおられました。他のケースと全く違いました


幸せな孤独死もある、とおっしゃっていました。

共通して言えること


f:id:riecoro:20161005220255j:plain


ま〜〜〜〜〜汚い。
部屋が汚い。
この写真はめちゃくちゃ綺麗な方です。


ものが多いし、明らかなゴミまみれ。
ゴミ屋敷。足の踏み場もない。


うつ病などの、なんかしらの心や身体の病で孤独死をされるパターンが多いのですが…。


断捨離をするようになって、シンプルライフを心がけるようになって分かったことなのですが、部屋がスッキリしていたら、気持ちもスッキリするんですよね。


片付けるのがしんどいかもしれません。
お家から出たくないかもしれません。
人に会いたくない。
身体を動かしたくない。
片付けが苦手。嫌い。
分からんでもありません。


でも!!明らかなゴミだけでもいいので、少しずつでもいいから捨ててみたら、絶対人生変わると思うんです!!損することはないと思うんです!!

おわりに


f:id:riecoro:20161005220603j:plain


日曜日の昼間に放送されていたのですが、いいの?って思うくらいグロテクスな画像が…。虫が…。体液が…。動物の死骸が…。


でも、これくらいのインパクトを与えなければ、真剣に考えないかもしれませんね。


1人で暮らしている家族や友人はいませんか?
その方と最近、連絡取れていますか?


孤独死は、ご年配だけの問題ではありません
30代の突然死も増えています。


自殺も増えています。
助けを求めている方がいるかもしれません。


「久々やけど、最近どう?」
たったこれだけで、救われる命があると思います。


ちょっと気になる方がいれば、メールでもなんでもいいので、声をかけてあげて欲しいな、と思うりえっこなのでした☆


最後まで見てくださってありがとうございます。
更新の励みになりますのでクリックしてもらえるととても嬉しいです♪


こちらの記事もオススメです☆

www.kaiunsimplelife.com

www.kaiunsimplelife.com

www.kaiunsimplelife.com