開運&SIMPLE LIFE

不要なものを排除して、身も心も健やかに

【使うならどっち?】 衣類用防虫剤 編

f:id:riecoro:20161019185235p:plain


気温の差が激しいですね…。
みなさん、体調崩したりしていませんか?


衣替えの時などに、衣類用防虫剤を使って保管される方いらっしゃると思いますが、毒性の強い成分が含まれているものがあるので、もし使われるのであれば、注意して買うようにしてくださいね(/ω\)


今回は、「パラジクロルベンゼン」という成分について書いていこうと思います☆

パラジクロルベンゼンってなに?どうなるの?


昆虫が嫌う成分を放出して、虫を寄せ付けない働きをします。


ベンゼン(人間に白血病を起こす)に塩素が結びついた有機塩素化合物の一種なのですが、化学構造をみる限りでは、ベンゼンより毒性が強いそうです(゚д゚)ナヌッ!!


動物実験では、肝臓がん・腎臓がんが発生しています。

注意すべき成分


パラジクロルベンゼンだけでなく、エムペントリン(ピレスロイド系)フェノキシエタノールなども、多量に吸い込むと気分が悪くなったりすることがあるので、避けた方が無難ですよ。


ピレパラアース・ムシューダに入っています。

もう防虫剤を使ったらダメなの?


プロフルトリン(ピレスロイド系)は、発がん性などのデータがないのでまだ安心なんだそうです。

おわりに


防虫剤の臭いって、すごい苦手です…。
なので買ったことがありません。


ハーブや重曹で手作りできそうなので、また調べて&試してみて記事にしようかな♪と思うりえっこなのでした☆


最後まで見てくださってありがとうございます。
更新の励みになりますのでクリックしてもらえるととても嬉しいです♪