開運&SIMPLE LIFE

不要なものを排除して、身も心も健やかに

今すぐ実行したい、たった7つのボケない生活習慣とは。

7つのボケない生活習慣


できることなら認知症になりたくない。
誰もがそう思うことだと思います。


でも思っているだけじゃダメです。


早過ぎる?
いや、そんなことないです。
早い人は10代で認知症になるそうです。


特別なことではないので、早めに予防法を身に付けておいてくださいね♪

誰でもできる簡単な認知症の予防法7つ


誰の世話にもならない!!」という強い自立心を持って、今から紹介する7つの習慣を身に付ければ、きっと明るい老後が待っていますよ*

①散歩をする

7つのボケない生活習慣
過去記事より。横浜をプラプラするのが好きです*)


医者に勧められたから
健康にいいから


こうゆう理由でももちろんいいのですが、ただ歩いているだけより何か楽しいことを考えながらの方が脳にはいいそうです。


カメラを持って写真を撮ったり、ランチができそうなお店を探しながらなど、楽しみを持って散歩した方が長く続けられますもんね。

②新聞や本を読む


新聞には経済・エンタメ・スポーツ・テレビ欄、そして求人情報など、多種多様な情報が載っています。しかも毎日同じことは書いていません。隅々まで読めば結構な情報量になります。


あと書いていることに「また値上がりするん!?」とツッコみを入れたり、「今夜の映画、絶対観よう♪」と予定を入れたり、ただ流し読みするのではなくいろんなことを考えながら読むこともいいんだとか。


音読しながらだとさらに脳にとっていいそうですよ^^

③料理をする

7つのボケない生活習慣
過去記事より。胃もたれするけど好きです、すた丼♡)


定年退職をした旦那さんに対してめんどくさく思う主婦の悩みNo.1は、「毎日三食ご飯の用意をすること」。


自分の分だけならテキトーに済ますことができますが、家族がいるとそうはいきません。


ご飯まだ?
またこれ?


手伝うこともなく、時間になればご飯が出てくると当たり前に思っていたら、最悪の場合、熟年離婚が待ち受けています。


でも「お昼ご飯は僕が作るよ!!」となれば奥さまも嬉しいし、脳の体操になり、認知症の予防にもなります。みんなハッピーです♪


ちなみに主婦の方は、ご飯を作ることは習慣になっているので予防にはならないそうです。ただアレンジしたり、あるものでなんとかしようとすることは脳にいいので続けてくださいね^^

④人と会う


退職した男性が認知症になりやすい理由は、一生懸命仕事をしてきたので人付き合いが少なくなってしまったからなんだとか。


近所付き合いもない、友達もいない。
家に引きこもってしまう認知症のリスクがグンと上がってしまいます。


ボランティアでもなんでもいい。
できれば「人の役に立つこと」をすれば、それが生きがいとなるので、ぜひ役所や地域センターなどのチラシを見て、どんどん外に出るようにして下さい。

⑤電車・バスに乗って出かける


電車やバスに乗って出かけることは、乗車時間を考えたり、お金を払ったり、どうゆうルートで回ろうかなどいろんなことを考えなければいけません。とってもいい脳トレになります。


ウィンドウショッピングは、最新のアイテムが並んでいたりするので「どうやって使うのかな?」「どう調理するのかな?」など、いろいろ考えるキッカケになるのでこれもオススメです。

⑥恋心を持つ

7つのボケない生活習慣
過去記事より。ドアを開けたら稲葉さんが♡)


夫婦仲がいいのに無理矢理愛人を作れ、という話ではありません^^;


芸能人でもよく行くお店の店員さんでもいい。
この人に会いたい♡」という気持ちと、その人に良く見られたいとオシャレしたりすることが脳にいいのです。


私はお出かけする時、「もしかした稲葉さんに会えるかも!!」と思って身支度をします♡可能性は限りなく低いですけど0%じゃないですからね。

⑦日記をつける

7つのボケない生活習慣


亡くなるまで認知症にならなかった人は日記をつけていたことが多かったそうです。


日記を書くということは、その日のことや漢字を思い出すことが必要になるので、脳の体操になります。


認知症予防に漢字や計算ドリルをするより、日記を書いた方がずっといいそうです。


過去を振り返ったり、体調や気持ちの変化に気付くいいチャンスでもあります。グチでもいい。明日の予定でもなんでもいい。1行でもいいから続けてみませんか?


私は今のところ順調に続いています♪
どのタイミングで書けばいい?日記を続ける私なりの方法


パソコンやスマホ(携帯)を使うと、思い出さなくても漢字の変換をしてくれます。楽チンですけど脳にはよくありませんね。これからも書き続けていきたいと思います。

絶対にボケたくない

7つのボケない生活習慣
過去記事より。お気に入りの写真です♡)


母の様子がおかしくなってから初めて認知症の本を読みました。


でも遅かったんです。


認知症進行性の病です。
確定してからでは手遅れになってしまいます。


もっと早く認知症のことを知っていれば進行を抑えられたかもしれないし、優しい言葉をかけてあげられたかもしれません。でもどれだけ後悔しても母は戻ってきません。


私は認知症になる確率が高いと思っています。


脳梗塞の検査で、医者に「異常です」と言われた話


家族が認知症になった時、どれだけ辛いか経験していますので、この7つの習慣を怠らず、死ぬまでボケないようにしたいと強く思っています。


こちらの本を参考にこの記事を書きました。

家族が早期発見するためにはこちらの方がオススメです♪

おわりに


認知症の研究は進んでおり、もしかしたら私がおばあちゃんになる頃には治す薬や治療があるかもしれません。


でも自分で予防できるなら若いうちからしておきたいと思っています。また別の機会に「絶対ボケない生活」の本も紹介させてください^^


ブログを書くことも立派な頭の体操になっていると思うので、できる限り続けていきたいなと思うりえっこなのでした*



最後まで見てくださってありがとうございます。
更新の励みになりますのでクリックしてもらえるととても嬉しいです♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ